LinuxでAndroidのrootを取る方法(Get the root by using your Linux computer)

世間ではWindows上でOdinを使ってrootを取っているようです。(Almost the people which would like to get the root of his Android mobile use Odin on Windows.)

しかしWindowsでやるよりLinuxでやったほうが楽なので紹介します。(But by using Linux, there is easier way to get the root.)

まずOdinの代わりにheimdallとheimdall-frontendをインストールします。(First, you can install heimdall and heimdall-frontend instead of Odin.)

sudo apt-get install heimdall heimdall-frontend

heimdall-frontendを起動します。(Start heimdall-frontend.)

heimdall-frontend

その後、UtilitiesからDetect Deviceを押し、端末を認識させます。(After that push the "Utilities -> Detect Device" botton to recognize your device.)

確認できたらPrint PIT -> Printを押し、Androidのパーティション情報を手に入れます。(Check your device is recognized by heimdall, you push "Print PIT -> Print" to get partition information of your Android device.)

次に、Flash -> Options -> PITから先ほど保存したPITを指定します。(Next, you specify previous PIT file on "Flash -> Options -> PIT" .)

右下のAddボタンを押し、Partition Nameに焼きたい場所(recovery.imgならRECOVERY、system.imgならSYSTEM)、Fileに焼く.imgファイルを指定します。(Push the Add botton and choose Partition Name. Notes that if your .img file you want to burn was "recovery.img, you can choose RECOVERY. If it was system.img, you can choose SYSTEM. On Files blank, push Browse and find your .img.)

できたらStartを押して経過を眺めてください。(If there was no ploblem, you push Start botton.)

au ぷりペイド携帯SIMを手に入れた

auとソフトバンクにはプリペイド携帯(料金先払携帯)がございまして、これが色々な意味で便利なのでございます。
ソフトバンクのほうは、都内の家電量販店やドンキホーテの携帯売り場で740SC(SIMフリー化可能な安っぽいガラケー)が手に入るので有名です。
740SCは総額4980円が相場なようです。端末売れば3000円くらいでMNP弾が手に入る計算です。

しかしまあソフトバンクにMNP転入したいときもあるわけで、他社のプリペイドSIMも持っていると便利です。
そういうわけでauのプリペイドSIMの作り方を紹介します。

まず用意するのが使い古したau携帯です。とはいえROM機だと・・・どうなんでしょうか。僕は伝説の乞食端末IS01を持ち込みました。

金額を見て行きましょう

契約事務手数料     4200円
プリペイドチャージ   1000×3
カードを2枚売る    約-1800円
----------------------------------------------------------
            約5400円

別途MNP税2100円が必要です。
今回のポイントは3000円のチャージカードを買うのではなく、1000円×3枚のチャージカードを買うことです。そうするとオークションサイトで2枚売れます。
あとはまあ、有効期限が30日しかないので、堂々と数日でMNPできるのが良い点です

au iPhone5 64GBにMNP転入した

昨年春に契約したソフトバンクのプリモバイルが収穫の時期に入ったので、iPhone5にしてきました。

なんでiPhone5Sが出たタイミングでiPhone5なのか?って感じですが、単純に在庫処分で安いからです。

いつも通り基本の契約から見て行きましょう

契約事務手数料        3150 円
解約事務手数料        9975 円
MNP料            2100 円
基本料(6ヶ月)        980×6=5880 円
通話定額オプション(2ヶ月)   0円×2 = 0 円
スマートパス(2ヶ月)      390×2 = 780 円
LTE NET(2ヶ月)        315×2 = 630 円
LTEフラット(日割)     5980×(15/30)=2993 円
キャッシュバック       -9000円
----------------------------------------------------------------------------------------------
                 16508 円


ここにスマイルハート割引を入れると解約事務手数料が3150円となり、合計9683円です。1万円以下でiPhone 5 64Gが買えるとは驚きでございます。
オークションサイトでのiPhone 5 64G 新品の価格は5万円弱です。4万円くらい黒字です。

ポイントは、iPhoneなので半年寝かせることです。ただそれだけです。

L-03Eを仕入れた(新規一括0円 CB3000円 MNP弾不要)

BIC SIM を手に入れるとLTE対応モバイルルーターが欲しくなります。
今までS31HW というPocket Wi-Fi を使っていたのですが、良い乞食案件を見つけたので買ってきました。
条件を振り返って見てみましょう。

以下はdocomo回線なし、ハーティ割引なしの場合です

契約事務手数料           3150 円
解約事務手数料           9975円
Xiデータプラン ライト にねん    4935 円
月々サポート            -735円
Xiデータプランにねん(3ヶ月維持) 1000 × 3 = 3150 円
mopera U (半年無料のため0 円)
キャッシュバック (3ヶ月後に現金書留) -3000円
------------------------------------------------------------------------------------------
                    17385円

新規なのでMNPの2100円はかかりませんし、MNP弾不要です。しかしこれだけ見るとなんも美味しくないですね。
docomo回線保持者なら、プラスXi割で(4935-2980)= 1955 円安くなり15430 円です。
それでもAmazonで白ロムが18500 円で買えることを考えると(後でXi音声に切り替えてから弾にしたとしても)大したことないです。

ですが障害者手帳とか持ってる人のハーティー割引使うととても安く上がります。

Xiデータプラン ライト にねん + ハーティー(一ヶ月目)   3455 円
月々サポート                       -735円
Xiデータプランにねん(3ヶ月維持)           475×3=1425円
mopera U (半年無料のため0 円)
キャッシュバック (3ヶ月後に現金書留)        -3000円
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                           1145 円

不思議なことに1145 円でL-03Eが買えてしまいました。とても不思議ですね。
3ヶ月後にXi音声契約に切り替えてMNP弾にもできるので、お得だと思われます。

契約した直後にdocomoショップに行って、Xiデータプラン ライト にねん を Xiデータプランにねん に切り替えてもらうのがポイントです。
docomoのおねえさんに「無理」と言われても、「さっきのお店では代サポさんがいいって言ってたみたいだ」と言えば問題ないです。
「月々サポートが切れますよ」と言われても「構いません」でオーケーです

Galaxy Note SC-05DとIIJmio SIM(SMS非対応版)でセルスタンバイ問題に挑む

フィーリングでIIJmio SIMを買ってきました。
Galaxy Note SC-05D をroot化することなくセルスタンバイ問題を解消したいと思っています。
まず思いついてやってみたことを以下にメモしておきます

1. ShowServiceMode for Galaxy LTE を起動

2. "Use the recommended setting" のチェックを外し、197328640 で起動

3. MAIN MENU [1] DEBUG SCREEN → [8]PHONE CONTROL → [7]NETWORK CONTROL → [3]SERVICE DOMAIN → [3]PS ONLY

解消しませんでした!!

しかし、S31HWを使うという荒業で解消しました。APN設定すれば、そのままアンテナピクト・セルスタンバイ問題なく接続できます。唯一問題があるとすれば、ずっとS31HWを携帯しなくてはならないところです

やっぱりS31HWは遅いので、L-03Eを1145円で買って来ました

十全大補湯に龜鹿二仙膠を加えた漢方酒を作った

また2ヶ月余、台湾に行って来ました。
今回も自分用のお土産に、特上の漢方を買ってまいりましたので紹介します。

P1000774
十全大補湯を調合してもらいました

P1000777

漢方屋の店長いわく、十全大補湯に龜鹿二仙膠を加えると、鹿茸を加えるより更によいとのことでした。
龜鹿二仙膠は、鹿茸と比べると少々お高かったのですが、鹿茸600グラムと龜鹿二仙膠75グラムを買いました。

参考:十全大補酒を作った(前回)

P1000778

3.6リットルのホワイトリカーに十全大補湯6包、龜鹿二仙膠9包(75グラム)を加えました。

身体の本体のみならず、夜の運動会にも大層効果的らしいです。

しばらく漬けたら飲み始めます

NEC MultiWriter 5000N (Xerox Docuprint 2020、Brother HL-2170W) をLinuxでネットワーク上から使う

NEC MultiWriter 5000Nというモノクロレーザープリンタを、7,980円という値段に惹かれて買いました。モノクロながらレーザーかつネットワーク対応でこの値段とは驚きです。
買ったはいいのですが、Linuxで動かすのに苦労したので使用方法を書いておきます。ディストリはUbuntu 12.04 64bit (Precise Pangolin)です。CUPSの問題なので他ディストリでも同様に動くと思われます。

NEC MultiWriter 5000NはXerox Docuprint 2020やBrother HL-2170Wと製造元/構造が同じです。いわゆるOEMというやつです。なので同じドライバで動くようです。
設定は、http://localhost:631/からしました。他のGUIからやっても同様だと思われます。
予めCUPSやFoomatic (Linuxのプリンタドライバ集のようなもの)がインストールされていることを前提にします。

方法:

1. まず、Windows向け付属ソフトウェアでプリンタに固定IPアドレスを割り振る必要があります。Windows機にCDを入れて上手いこと固定IPにしてください。

2. プリンタの設定画面を開き、URLに以下を書きます。THE_PRINTER_IP はWindows機で設定したプリンタのIPアドレスです。

ipp://THE_PRINTER_IP/ipp/port1

3. メーカーは「Brother」を選択します。

4. 機種は「Brother HL-2170W Foomatic/hl1250」を選びます。recommendedなどは全て無視してください。

5. その他の設定を必要に応じてやります。

以上です。Linuxから使えなかったら買い直しだったので危ないところでした。と言っても7,980円ですけどね。

プリンタ購入/導入時の参考になれば幸いです。

参考:Tutorial on installing the Brother HL-2170W (and the HL-2140) printer with CUPS on Arch Linux.

みまもりケータイのSIMを切断してmicroSIM化 + Galaxy Note(SC-05D)のSIMフリー化

みなさーん、SIMカットしてますか?

僕は今までやったことなかったのですが、先日NOOSY社のMicro SIM カッターをAmazonで購入して試してみました。420円(送料込み)でございました。
格安なのは結構なことでございますが、しかし難所がいくつかあったので書かせていただきます。

まず、カッターの歯に全く油がついていない。そりゃまあSIMをカットするという性質上油分は大敵ですが、全く付いていなくてはバリが残ります。それに、切断時に変な力がかかると最悪SIMが折れてしまいます。

なのでまず、鉄工用の潤滑油を刃先にちり紙で塗りました。

切断後、バリを紙やすり(#1000)で取り、その後クイックドライクリーナーでよく洗い、最後に接点復活スプレーを吹きつけ、拭き上げました。

こんな感じです

普通のサイズのSIMに戻す(下図参照)ときにハマりにくい場合は、更に紙やすりで削るといいと思います。紙やすりは#1000だとやや時間がかかりましたが、綺麗に仕上がりました。

さてここでmicroみまもりSIMをどこに挿すかということですが、僕はSIMロック解除したGalaxy Note(SC-05D)で使ってみました。
僕はdocomoに3150円払ってSIMロック解除してもらったのですが、rootを取ってあれやこれやとやれば自分でもできるようです。というか、自分でやった方がなにかと便利だったなあと若干後悔しております。root取らないにしても、海外サイトでIMEI入力して解除ナンバー買ったりとかしたほうが融通が効くのではないだろうかと思います。

話をみまもりに戻します。普段みまもりSIMはSIMフリー化した740SCで使っているのですが、docomoのSIMと相互に差し替えてみました。
つまりこういうことです

docomoの端末(SC-05D)にSoftbankの表示があり、Softbankの端末(740SC)にdocomoの文字がございます。 ((もちろん、docomoのSIM(micro)は、740SC向けにアダプタで通常の大きいSIM化しております。))
両方SIMフリー化してあるので当たり前なのですが、なんとなくおかしいですね。

まあそういうことで、SIMカッターには油を塗りましょうというお話でした

精度の良い2桁×2桁の暗算方法(いわゆるインド式の発展形)の提案


インド式計算方法が話題になって久しいですが、インド式を改良してもう少しやりやすくした方法を提案したいと思います。

(MathJaxを使用しているので計算式の部分の表示が遅延しますが、仕様ですので画面の前でしばらくお待ちください)

1.計算の背景と原理

2桁の正の整数xとy[1]

\[
\left\{ \begin{array}{ll}
x=10a+b & (1\leq a,b \leq 9) \\
y=10c+d & (1\leq c,d \leq 9)
\end{array} \right.
\]

があったとするとx、yの積f(x,y)は二項展開を用いて
$$f(x, y)=xy= 100 \times ac + 10 \times (bc+ad) + 1 \times bd$$

と表せる。ここでbdは1桁または2桁の正の整数であるが、桁上がりを考慮するためにdiv(整数除算の商)とmod(整数除算の余り)演算子を用いるとbdは
$$ bd = ( bd\ \mathrm{div}\ 10)+ (bd\ \mathrm{mod}\ 10) $$
と書けるので

$$f(x, y)=100 \times ac + 10 \times [bc + ad + ( bd\ \mathrm{div}\ 10)] + 1 \times [bd\ \mathrm{mod}\ 10] $$
となる。これにより一の位を確定することができた。
同様に十の位も1桁の整数に確定したいので[2]、更にdiv 10とmod 10を用いると

$$ f(x,y) = 100 \times[ac +\{(bc + ad + ( bd \ \mathrm{div} \ 10)) \ \mathrm{div} \ 10\}] $$
$$ + 10 \times [\{bc + ad + ( bd \ \mathrm{div} \ 10)\} \ \mathrm{mod} \ 10 ] + 1 \times [bd \ \mathrm{mod} \ 10]$$

と表せる。ここで、100倍の項が上1桁または2桁、10倍の項が十の位、1倍の項が一の位に当たる。

2.上式を用いた積の具体的な算出方法

以下で具体的な数値や手順を用いて各項の計算方法および答えの出し方を説明する。

Q. 27 × 39 はいくつですか?

手順と答え.

・7×9=63なので、両手で6を表しておく(bd div 10)
・7×3+2×9を計算する。39ですね。(bc+ad)
・39に手で示しといた6を足す。45ですね。(bc + ad + bd div 10)
・手で5(45の下一桁)を示しておく((bc + ad + bd div 10) mod 10)[3]
・2×3+4を計算する。4は45の十の位。よって10ですね。(ac +(bc + ad + bd div 10) div 10 )
・答えの上2桁は10、十の位は5(手で表している)
・一の位は7×9の下一桁、すなわち3

答え 1053

10回以上試したが、なかなか精度が良い

3.2018年6月22日に思ったこと

LaTexが崩れていたので書き直して、ついでに大幅改定しました。5年前より衰えたせいか、脳が関数電卓を欲しております。だがこういう暗算方法もあるよなと改めて思ったので誰かピンときたら使ってあげてください。

中華電信(台湾)のプリペイドSIMに日本からチャージする方法

毎度おなじみ、台湾大好きな日本人ソラオチです。

台湾でのメインバンクは兆豊銀行(経緯)、回線は中華電信のプリペイドSIM(商品名=如意卡, IDEAL CARD)を使っております(経緯)。

兆豊銀行は口座さえ開いてしまえば放っておいても平気なのですが、中華電信のプリペイドSIMは最終チャージ日から180日で失効してしまいます。
失効させるとチャージしていた残高が没収になる上に、前にもらった電話番号が使えなくなってしまいます。空港にある中華電信服務中心で再発行の手続きをしてもらえばいいのですが、番号が変わるし何かと面倒です。
それに、有効なSIMとチャージさえあれば、桃園空港からバスに乗ってる間に自分でSIMを差し替えてデータ通信を再開という器用なことができます。中華電信服務中心の営業時間を気にしないで済むうえに空港での滞在時間も節約と、なかなかスマートですね。

そういうわけで、日本から中華電信のプリペイドSIMにリチャージする方法を説明します。

1. 台湾で中華電信のプリペイドカード(儲值卡, Recharge Voucher)を買っておく。これです↓

どれも1枚300元なのですが、台北市中で買ったものには80元の無料通話が付いてました。無料通話が付いていないものは、桃園空港で買ったものです。
裏面に12桁のリチャージ番号が書いてあります。スクラッチ式です。
日本から買うのは困難なようです。いっぱい買ってきて楽天オークションに出品しようかな、良心的な値段で。

2. 日本から「010-886-928-000-928」に電話する。国際電話なので注意。

3. 繋がったら「3」を押すと日本語ガイダンスになる。最初に入力するのは中華電信の電話番号です。リチャージカードの12ケタの番号ではありません。 ((何度もリチャージカードの12ケタを入力して、エラーで弾かれてました。台湾の友人に依頼してやってもらってもダメだったので詳しくググったところ、上記参考サイトを発見いたしました。これは明らかに中華電信の説明の仕方が悪いと思う。とにかく、参考サイトのkiyopさん多謝多謝))

4. 暗証番号は「0000」です。多分。

5. リチャージカードの12ケタの番号を入力して完了

これで有効期限が180日延長されます。チャージした300元は、後日データ通信の定額料等に使えます。

参考サイト 台湾-中華電信のプリペイドSIMに日本からリチャージ