Debian etch -> lenny

(Last Updated On: 2009年10月8日)

Apache入りのDebianをetchからlennyにdist-upgradeしました.7ヶ月前にやれとか言われそうですが,1年の猶予があるんだからよいではないか.
GUIツールからやればいいお!(キリッ)と思っていたのですが,そうはいかんようです.まあたいした手間ではないのですが.

/etc/apt/sources.listをlenny用のリポジトリに書き換える.

deb http://ftp.jp.debian.org/debian lenny main contrib non-free
deb http://security.debian.org lenny/updates main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main contrib # volatile を使う場合。
deb http://www.jp.backports.org lenny-backports main contrib non-free # backports を使う場合。

書き換える意味は玄箱アップグレード(etch -> lenny)[失敗]によれば

>4.5.4. まずは apt と aptitude の両方または一方をアップグレード
>いくつかのバグ報告によれば、etch に含まれるバージョンの aptitude パッケージや
>apt パッケージでは、多くの場合、lenny へのアップグレードを行えません。
つまり、パッケージマネージャがlennyのは賢くなってるからそれ先にインストールしろと。
apt-lineにさらにlennyを追加。squeezeを入れるかどうかはまだ決めてない。
随分とapt-lineも増殖してきたものだ。

ということらしい.

その後
# apt-get update
# apt-get dist-upgrade

ググったらX周りの不具合が多そうだったのですが,うちの環境では上手くいきました.GUI使わないけど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。