Let's note CF-T2にUbuntu9.04

(Last Updated On: 2009年5月17日)

今までラップトップにはDebian etchを入れていた.そのままlennyにdist-upgradeしてもよかったのだが,今回はUbuntu9.04を入れた.

理由:
・Jauntyは軽そうだから,古いラップトップでも動きそう
・Let's noteのホットキードライバ(pcc-acpi)が組み込まれたKernel2.6.28以降を使いたかった
・時代の流れに合ってる気がする

・作業風景
img_2780

・細かい設定のメモ
・IPv6を無効にする
設定方法がJauntyから変わったようだ

従来の/etc/modprobe.d/aliasesが廃止され、/etc/sysctl.confにnet.ipv6.all.disable_ipv6=1を一行書いとく方法になっている。

firefoxはabout:configでnetwork.dns.disableIPv6をtrueにしておく

・NetworkManagerを無効にする
最適なネットワーク設定(笑)にいつの間にか変更してくれるので,無効にしましょう.
/etc/network/interfaces,/etc/hosts,/etc/hostname,/etc/resolv.confを自分で書いて,/etc/init.d/networking restartするだけの話です.

・Panasonic Let's note用ホットキードライバを組み込む

$ sudo modprobe panasonic-laptop
$ lsmod | grep panasonic

で問題なければ/etc/modulesにpanasonic-laptop追加.

・SpeedStepに対応させる
と思ったら元から有効になっていた.

・感想
不要なもの切ったら軽くなった.
新しいラップトップは欲しいようなそうでもないような.

・参考URL
UbuntuのIPv6設定方法が変わった(jaunty)

レッツノートにUbuntu 9.04を入れてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。