TP-Link Archer C6(JP)にOpenWrtを入れる

(Last Updated On: 2020年12月15日)

1. TP-Link Archer C6 v2を購入

AmazonにてTP-Link Archer C6 AC1200という無線ルーターが売られております。

2.4 GHz、5 GHz各2本のMIMOアンテナ、ギガビットポートWAN側1個、LAN側4個付きで3000円という夢のような性能であります(※2020年12月現在)。

その他の性能はCPU Qualcomm Atheros QCA9563(775 MHz)、RAM 128 MBといったところでしょうか。

メインのルーターとして使うには微妙な性能ですが、家庭内の無線の中継器としてなら概ね十分な機能および性能を備えています。

なので、元々私はこれを公式ファームウェアを用いて無線LANの中継器として使うつもりでした。しかし気分が変わったのでOpenWrtというカスタムファームウェアを入れ、有線スイッチとして利用することにしました。

2. 日本リージョン版(JP)という壁

ところで私はこれをAmazon.co.jpで買いましたので、日本のローカル版(JP)ということになります。

しかしながら、OpenWrtのサイトでArcher C6を調べてみると、どうやらEU/RU版(フラッシュメモリ8 MB)とUS版(フラッシュメモリ16 MB)に対応しているようであり、更にC6 v2のみの対応のようでした。届いたのがv2だったので後者はクリアしましたが、前者の問題について、今回準備したものはEU/RU版でもUS版でもなくJP版であります。

3. ファームウェアの比較

ここで諦めればいいものを、なんとなく各バージョンの最新ファームウェアを公式サイトよりダウンロードして見比べてみました。

EU/RU版 200902 7.98 MB (8,370,041 バイト)

中身:ArcherC6v2_eu-up-ver1-3-6-P1[20200902-rel65591].bin

7.6 MiB (7,954,370 バイト) SHA256SUM : 188658d9a995bf1d20c9e3536c915edc0b57b928abdb4e89a20e77cb11e83db3

JP版 200902 7.98 MB (8,370,036 バイト)

中身:ArcherC6v2_jp-up-ver1-3-6-P1[20200902-rel65591].bin

7.6 MiB (7,954,370 バイト) SHA256SUM : 6a0ca376b14a1be4ba86ba3da089c1b022b0815f5d985646c1807e3ed108793f

US版 どれも概ね13MBを超えるので違いそう

SHA256SUMこそ違うものの、まあなんとなくEU/RU版に近いような気がしました。

4. 試しにEU/RU版を焼いてみる

更に悪いことに、元々入っていたファームウェアが1.3.0であり、しかもなぜかArcherC6v2_jp-up-ver1-3-6-P1[20200902-rel65591].binを焼けなかったため、もう一か八かでOpenWrt 19.07.5(EU/RU版用)を焼いてみました。

そしたら、なんか動きました。

デフォルトでは無線LANがオフになっています。

SSHも通るし、メモリも半分程度しか食っていないので、このまま有線スイッチとしてだましだまし利用するか、電波暗室内で利用する分には問題ないでしょう。

5. 総評

うける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。