王老吉の作り方、自作方法(砂糖を入れるタイプ)

(Last Updated On: 2018年11月26日)


相変わらず王老吉にハマっています。

無糖の王老吉の作り方は前回紹介した通りですなのですが、今回は砂糖を入れるタイプのものを研究してみました。

作り方の説明は例によってCookpadに書いた通りなのですが、補足をバックアップを兼ねて説明をします。

まず配合は、以下のとおりです

材料 (1.5リットル分)
仙草 4g
金銀花(スイカズラ) 6g
夏枯草(ウツボグサ) 1g
菊花(可能なら黄色のもの) 4g
桂花(キンモクセイ) 1g
甘草 3g
澤瀉 3g
氷砂糖 70g

氷砂糖以外を水に1時間以上浸けて、1時間弱火で煮込み、温かいうちに氷砂糖を加えれば完成です。

無糖版と配合を変えた理由は、砂糖を入れると濃い目や渋めの味のほうがおいしいと判断したためです。

王老吉はいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。