PCが立ち上がった瞬間、PWMファンが高速で回るのを抑制する(実装・失敗編)

(Last Updated On: 2018年8月1日)

前回、このような記事を書きました:
PCが立ち上がった瞬間、PWMファンが高速で回るのを抑制する(理論編)

結論から言うと実装して失敗しました。

遅延回路としての仕様自体は満たすものができたのですが、およそ一秒後にFANが高速回転し出しました。

遅延回路の時定数を決めるコンデンサを22uから100uに変えても、数秒後にFANが一旦高速回転し、しばらくすると収まるようになりました。

要はFANを電源に繋いだ瞬間は高速回転するようです。
定電流回路等等を用いて、もう少し回路を考え直さなければいけないようです。

PCが立ち上がった瞬間、PWMファンが高速で回るのを抑制する(実装・失敗編)” への1件のコメント

  1. ピンバック: PCが立ち上がった瞬間、PWMファンが高速で回るのを抑制する(理論編) - 空落科技(復興)空落科技(復興)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。