北森セレロンにPinマスクを施す

ASUS P4P800-DeluxeのBIOS@無改造ではVcoreの昇圧(1.525Vを越える電圧)はできるが,降圧(1.525V未満の電圧)はできない.

しかし,このご時世に北森セレ(TDP:52.8W)を定格Vcoreでブン回すのもどうかと思ったので,BIOSがダメならつーことでCPUを改造した.

環境はこんな感じ


CPU:北森セレ2.0GHz(SL6VY)
CPUクーラ:NINJA COPPER
マザーボード:ASUS P4P800-Deluxe

改造と言ってもPin一本をマスクするだけである.ここのサイトを参考に,VID4@AE1にセロテープを貼り付けた.

写真では分かりづらいが,ちゃんとくっついている.ピンセットとハサミ(汎用)とカッター(汎用)があれば簡単にできる.

ソケットにセットしておもむろに起動した.なぜかマスク前はできなかった降圧設定ができるようになっている.でもまあ改造した以上,VID4@AE1の値が1となる電圧に設定したほうがよい気がする.僕はVcore = 1.125Vに設定した.

BIOSからWarningが出るも,Memtest+は完走できた.CPUクーラはいい感じに冷え冷え.

考察:
一般に電力は電圧の二乗に比例する.TDPがVcoreの二乗に線形的に比例すると仮定すると

52.8W*((1.125V^2)/(1.525V^2)) = 28.7W

とまあTDPは約半分になるわけだな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です