Debian lennyからsqueezeにdist-upgrade

(Last Updated On: 2011年5月8日)

ルータ機をlenny からsqueeze にdist-upgrade しました.
SSH 経由でちゃちゃっとやりましたが上手くいきました.X は使っていないし使う予定もないので気楽でした.

自作のスクリプトやbind の設定ファイルをバックアップした後,

$ su
# apt-get update
# apt-get upgrade

# nano /etc/apt/sources.list

lenny を squeeze に変更.つまり,

sed -e s/lenny/squeeze/

squeeze からは debian-volatileが廃止されるようです.ついでに/etc/apt/sources.list から外しておきましょう.

# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade
# reboot

デフォルトのシェル(つまり/bin/sh)をdashにするか?という主旨のことをdist-upgrade 中に聞かれました.
よく分からないのでググったら,こういうことらしいです.

MEMO:はてな支店 [shell]dash

僕はbash に慣れきっているので(←もちろん賛否両論あることは知っています),「No」を選択しました.

アップグレード後,NATが上手く動作しなくなってしまったのですが,ルータの/etc/network/interfaces を見たり,クライアントのネットワークを再起動したりしていたら繋がるようになりました.

メイン機(Ubuntu 10.10 Maverick)とHTTPサーバ(Debian lenny)は,動いているアプリケーションがあまりにも多く,躓く可能性が高いので様子見にしました.そのうちやります.

参考URL
cpn blog vmware で Debian lenny から squeeze へアップグレード
Debian 6.0 Squeeze アップグレード

Debian lennyからsqueezeにdist-upgrade」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。