ハードディスクの初期不良セクタをあぶり出す方法@Ubuntu 18.04

前回、やすやすと10TBの安いハードディスクを手に入れたわけですが、買ってきたらまず初期不良セクタのチェックをしたいじゃないですか。

下記コマンドにより簡単にできます。

sudo badblocks -svw -b 4096 -c 65536 -o badblocks.txt /dev/sdx

10TBのディスクだと、-bを4096くらいに指定しないとエラーが出ます(参考)。

上のコマンドによりデータは全て壊れますので気をつけてください。

あとは2日間くらい待ってれば結果が出ます。

まあ不良セクタ出ててももう分解しちゃってるので交換とかできませんけど!

WD Elementsの中身だけ取り出して使う方法

Western Digitalの外付けハードディスクは内蔵型より安いようです。

2019年2月7日現在、外付けUSB3.0 10TBが26970円に対して

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NHQX2XZ/

NAS向けの10TB内蔵型ディスクが40202円です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0719498XY/

僕が欲しいのはもちろん内蔵のSATAのやつです。ならば外付けを分解して中身だけ使えばいいじゃないですか、と思うじゃないですか。そうするとSATAの互換性の問題で使えないらしいんですよ。てか使えませんでした。つーかさ、使えないやつをUSBドライブに詰め直して売ってるのではないか。

https://www.instructables.com/id/How-to-Fix-the-33V-Pin-Issue-in-White-Label-Disks-/

しかしながら上記サイトに書いてある通り、SATA電源の左から三番目のピンにセロハンテープを貼れば動きました。

はさみとピンセットとセロハンテープがあれば簡単にできます。自己責任でやりましょうね。

昔もこんなことをやったんですが、危ないですね。やっぱり絶対にやめましょう。絶対にだぞ!