小技集

忘れやすい小技をひたすら書いていきます.徐々に増えていくものと思われます.環境はUbuntu(or Debian) + bash.

・文字コード判定
nkf -g foo.txt

・ディレクトリ内の全てのShift-JISファイルをUTF-8にして出力
nkf -S -w –overwrite *

・awkでカラム1とカラム2だけを抽出してタブで区切る
awk ‘{print $1 “t” $2 }’ foo.txt

・TeXで立体表示する(単位は立体で書きましょう)
mathrm{}

・OpenOffice.org 3.2のImpress(パワポ)が重いとき
Tools -> Options -> View でGraphics outputのUse Anti-Aliasingを切る

・Linux Distributionのバージョンを確認する(カーネルのバージョンはuname -aですね)
lsb_release -a

・OpenOffice.org 3.2のImpress(パワポ)で図の位置がちょっとだけズレてイライラしたとき
Tools -> Options -> OpenOffice.org Impress -> Grid -> Resolutionの値を小さくする

・アルプスミニデテントボリュームの使い方
いちいちテスター当てて確認するのも面倒です

・Nuvotemのトロイダルトランスの使い方
RSオンラインで買える安いトロイダルトランスです.
下記はあくまで一例です.回路図は・・・そのうち.

グレー,茶 AC IN(1次側)の片側
紫,青 AC IN(1次側)のもう片側
黒,黄 まとめてGND
オレンジ,赤 それぞれ独立にAC OUT(2次側)

・apt-get などで下記のエラーが出る場合の対処

perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
LANGUAGE = (unset),
LC_ALL = (unset),
LANG = “en_US”
are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale (“C”).
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory

$ sudo dpkg-reconfigure locales

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です