ネットワークカードを交換したらeth0が使えなくなった時の対処法(Debian, Ubuntu)

Ubuntu 14.04とDebianの古いシステム(squeeze)のネットワークカードを変えたらeth0が上がってこなくなりました。
Intel純正のPCI-Eアダプタ(Intel GIGABIT CT DESKTOP ADAPTER)、オンボードのLAN(これもPCI-E接続のIntelチップ)共に上がってこないという状況でした。

つまり状況としては両OSとも

    lspci | grep Intel → PCI-Eアダプタ、オンボードのLAN共に認識されている
    lsmod | grep e1000e → loadされている
    /etc/network/interfaces → 特に問題なし

    ifconfig → loは出てくるがeth0が出てこない

という感じでした。

ググってみたら、MACアドレスとethxの対象関係は

    /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

に記述されていると分かりました。

なので、アナログな方法でネットワークカードのMACアドレスを調べて、NAME=”eth0″を付けるカードを指定し直すことで問題解決しました。
分かれば簡単でしたが、半日ほどハマりました。

参考URL:Ubuntuでネットワークカードを変更した時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です