au ぷりペイド携帯SIMを手に入れた

auとソフトバンクにはプリペイド携帯(料金先払携帯)がございまして、これが色々な意味で便利なのでございます。
ソフトバンクのほうは、都内の家電量販店やドンキホーテの携帯売り場で740SC(SIMフリー化可能な安っぽいガラケー)が手に入るので有名です。
740SCは総額4980円が相場なようです。端末売れば3000円くらいでMNP弾が手に入る計算です。

しかしまあソフトバンクにMNP転入したいときもあるわけで、他社のプリペイドSIMも持っていると便利です。
そういうわけでauのプリペイドSIMの作り方を紹介します。

まず用意するのが使い古したau携帯です。とはいえROM機だと・・・どうなんでしょうか。僕は伝説の乞食端末IS01を持ち込みました。

金額を見て行きましょう

契約事務手数料     4200円
プリペイドチャージ   1000×3
カードを2枚売る    約-1800円
———————————————————-
            約5400円

別途MNP税2100円が必要です。
今回のポイントは3000円のチャージカードを買うのではなく、1000円×3枚のチャージカードを買うことです。そうするとオークションサイトで2枚売れます。
あとはまあ、有効期限が30日しかないので、堂々と数日でMNPできるのが良い点です

au iPhone5 64GBにMNP転入した

昨年春に契約したソフトバンクのプリモバイルが収穫の時期に入ったので、iPhone5にしてきました。

なんでiPhone5Sが出たタイミングでiPhone5なのか?って感じですが、単純に在庫処分で安いからです。

いつも通り基本の契約から見て行きましょう

契約事務手数料        3150 円
解約事務手数料        9975 円
MNP料            2100 円
基本料(6ヶ月)        980×6=5880 円
通話定額オプション(2ヶ月)   0円×2 = 0 円
スマートパス(2ヶ月)      390×2 = 780 円
LTE NET(2ヶ月)        315×2 = 630 円
LTEフラット(日割)     5980×(15/30)=2993 円
キャッシュバック       -9000円
———————————————————————————————-
                 16508 円


ここにスマイルハート割引を入れると解約事務手数料が3150円となり、合計9683円です。1万円以下でiPhone 5 64Gが買えるとは驚きでございます。
オークションサイトでのiPhone 5 64G 新品の価格は5万円弱です。4万円くらい黒字です。

ポイントは、iPhoneなので半年寝かせることです。ただそれだけです。

L-03Eを仕入れた(新規一括0円 CB3000円 MNP弾不要)

BIC SIM を手に入れるとLTE対応モバイルルーターが欲しくなります。
今までS31HW というPocket Wi-Fi を使っていたのですが、良い乞食案件を見つけたので買ってきました。
条件を振り返って見てみましょう。

以下はdocomo回線なし、ハーティ割引なしの場合です

契約事務手数料           3150 円
解約事務手数料           9975円
Xiデータプラン ライト にねん    4935 円
月々サポート            -735円
Xiデータプランにねん(3ヶ月維持) 1000 × 3 = 3150 円
mopera U (半年無料のため0 円)
キャッシュバック (3ヶ月後に現金書留) -3000円
——————————————————————————————
                    17385円

新規なのでMNPの2100円はかかりませんし、MNP弾不要です。しかしこれだけ見るとなんも美味しくないですね。
docomo回線保持者なら、プラスXi割で(4935-2980)= 1955 円安くなり15430 円です。
それでもAmazonで白ロムが18500 円で買えることを考えると(後でXi音声に切り替えてから弾にしたとしても)大したことないです。

ですが障害者手帳とか持ってる人のハーティー割引使うととても安く上がります。

Xiデータプラン ライト にねん + ハーティー(一ヶ月目)   3455 円
月々サポート                       -735円
Xiデータプランにねん(3ヶ月維持)           475×3=1425円
mopera U (半年無料のため0 円)
キャッシュバック (3ヶ月後に現金書留)        -3000円
————————————————————————————————————–
                           1145 円

不思議なことに1145 円でL-03Eが買えてしまいました。とても不思議ですね。
3ヶ月後にXi音声契約に切り替えてMNP弾にもできるので、お得だと思われます。

契約した直後にdocomoショップに行って、Xiデータプラン ライト にねん を Xiデータプランにねん に切り替えてもらうのがポイントです。
docomoのおねえさんに「無理」と言われても、「さっきのお店では代サポさんがいいって言ってたみたいだ」と言えば問題ないです。
「月々サポートが切れますよ」と言われても「構いません」でオーケーです

Galaxy Note SC-05DとIIJmio SIM(SMS非対応版)でセルスタンバイ問題に挑む

フィーリングでIIJmio SIMを買ってきました。
Galaxy Note SC-05D をroot化することなくセルスタンバイ問題を解消したいと思っています。
まず思いついてやってみたことを以下にメモしておきます

1. ShowServiceMode for Galaxy LTE を起動

2. “Use the recommended setting” のチェックを外し、197328640 で起動

3. MAIN MENU [1] DEBUG SCREEN → [8]PHONE CONTROL → [7]NETWORK CONTROL → [3]SERVICE DOMAIN → [3]PS ONLY

解消しませんでした!!

しかし、S31HWを使うという荒業で解消しました。APN設定すれば、そのままアンテナピクト・セルスタンバイ問題なく接続できます。唯一問題があるとすれば、ずっとS31HWを携帯しなくてはならないところです

やっぱりS31HWは遅いので、L-03Eを1145円で買って来ました