Wikileaksが公開したTPP関連文書の解釈について異議を唱える

TPPの話でもしよう.
在ニュージーランド米大使館が2010年2月に本国に送ったものとして,Wikileaksで次のような記事が公開されている.

10WELLINGTON65

この文書の3章が日本絡みであり,物議を醸している.

3. (SBU) On multilateral issues, Sinclair emphasized that New
Zealand sees the TPP as a platform for future trade integration in
the Asia Pacific. If the eight initial members can reach the
“gold standard” on the TPP, it will “put the squeeze” on Japan,
Korea and others, which is when the “real payoff” will come in the
long term. He also stated that another challenge in negotiating is
that the current economic and commercial situation has put a great
deal of pressure on domestic agendas. Negotiators must therefore
be very cognizant of the impact on jobs, wages, and other such
factors. When asked what New Zealand’s position is on including
new members, Sinclair put forth that “smaller is better” for the
current deal. However, he emphasized, that what is more important
is U.S. Congressional approval and if “critical mass” can be
achieved with the initial eight. New Zealand will take a
“constructive view” if the group needs to “bulk up” and include
Malaysia, for example.

これについて,ウォール・ストリート・ジャーナルで次のような記事が公開されている.

TPP反対派が問題視するウィキリークス公開の米公電

上記サイトからの引用:

(農協団体系の業界専門紙が)掲載したのは公電の次の部分だ。「On multilateral issues, Sinclair emphasized that New Zealand sees the TPP as a platform for future trade integration in the Asia Pacific. If the eight initial members can reach the “gold standard” on the TPP, it will “put the squeeze” on Japan, Korea and others, which is when the “real payoff” will come in the long term.」

業界紙はこれを次のように翻訳している。「ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は『TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ』と語った(米国大使館公電から)」

訳者は「農協団体系の業界専門紙」であるらしい.なんとも,よく頑張ったものである.

翻訳としては下記サイトのほうが出来が良い.ついでに少し書き足した.僕が間違えてたら,そんときはゴメン.

ウィキリークス TPP外交文書を全訳公開!

3.(SBU)戦略分野毎の課題:多国間関係の課題について

 NZのシンクレア氏は、NZはTPPが将来のアジア・太平洋地域における通商に関する統合のプラットフォ-ムであると見ていることを強調した。
 もし最初の8ヶ国(シンガポール,ブルネイ,チリ,ニュージーランド,アメリカ,オーストラリア,ベトナム,ペルー)がgold standardに辿り着けば、TPPは日本や韓国、その他の国々に対する強力な圧力(put the squeeze)となり、まさに長期的な利益を得ることとなるだろう、と彼は強調した。更に、交渉過程におけるもう一つの重要な課題は、今の経済状況がNZの国内課題に大変な難題を突き付けてしまっていることであると述べた。従って交渉担当者は、相手国国内の雇用、賃金その他関連する事柄が受ける影響について深刻に認識しなければならないのである。
 新たなTPP参加国を加えることについてのスタンスを尋ねたところ、彼は現時点での交渉については少ないほど望ましいとの見解であった。しかし、もっと重要なことは米国議会における承認であり、最初の8ヶ国がcritical mass/量から質への飛躍が出来るかどうかに到達できるかどうか、であると強調した。
 ニュ-ジ-ランドはもし最初の8ヶ国が、例えばマレ-シアを加えるなど加盟国が増える必要があれば、その時は前向きに捉えるだろう。

この文書を「日本がTPPに参加してしまうと,日本(あるいは日本の農家)が押しつぶされてしまう」と読み取るのはあまりにもぶっ飛んでいると思う.

Roudybush Formula 3(ラウディブッシュ フォーミュラ3)は体積比(容量比)で薄めるか,重量比で薄めるか の謎

小鳥の挿し餌としてKaytee社やRoudybush社から離乳食(Formula)が発売されています.
僕はRoudybush Formula 3を使っているのですが,パッケージに次のような説明書きがあります.

50〜60度のお湯で柔らかく溶かして,必ず小鳥の体温である「40度」に冷ましてから,与えてください.孵化直後から1週目は約10倍,2週目で6〜8倍,3週目で5〜6倍,4週目で4〜5倍,5週目以降は3〜4倍にして1日に4〜5回小鳥のコンディションを見て6〜8週目迄与えてください.

この約ホニャララ倍というのは果たして体積比なのか,重量比なのか文面からでは判断がつきません.
もっとも,パウダーの密度が1 g/cm^3であれば何ら問題はないのですが,明らかにこの値より小さくなります.1リットルの綿アメより1リットルの水の方が重いのと同じことです.
「雛が食べるご飯(フォーミュラ)」というサイトには次のように書かれています.

フォーミュラの濃度は重さでなくて、体積で考えてください。体積を測るときは、計量スプーンや、ちいさなビーカを使ってください。

しかし,ヒナが生命維持に最低必要な「基礎代謝量」に,活動のエネルギーを足したヒナ維持代謝量は,ヒナの体重が40 gである場合28.8 kcalであると言われています. ((幸せなインコの育て方・暮らし方,磯崎哲也,2010-08-26,ISBN 978-4278039030,76ページ))
一方フォーミュラ自体の代謝エネルギーは3550 kcal/kgとパッケージに書かれています.つまり,40 gのヒナはカロリー摂取がフォーミュラに限定されている場合,一日に8 g程度のパウダーを食べなければいけないわけです.
もし体積比で薄めると,1日に5回,5倍に薄めたものを与えた場合,8 gのパウダーはおよそ20 cm^3なので ((実測値)),一回の挿し餌で約20 cm^3与える計算になります ((結構いい加減な計算であることは承知しています)). 40 gのセキセイインコのヒナが一回の食事で20 g食べるかといえば,絶対に食べません.よって体積比で薄めるという仮定は間違っていると考えられます.

この仮説を裏付けるため,ラウディブッシュ社の「Contact Us」から聞いてみました.
全文を貼りつけます.

Dear customer center,

I bought a Roudybush Formula 3 for my budgerigar. The instruction which printed on the package is very simply and vague.
It explains that we must dilute powder five to six times with water for the three-week-old chicks just before we use it.
I cannot judge “five to six times” means whether weight based or volume based from this information.
The agency is PCNF(http://www.pricco.com/pcnf/).

Sincerely,

(本名)
soraochi@hotmail.com

英語が文法的に合ってるかは怪しいですがまあ,なんとなく書きました.なんとなく合ってることを期待しています.

Normally you will receive a response within 24 hours.

というのはウソッパチでしたがちゃんと返信はきました.

Hello,
I just wanted to let you know I received your feedback about Formula 3. If you have a scale, using weights is best. The charts on the bottom of the label are in weight, but remember 1cc of water weighs one gram. Much of the rest of the instructions is for people who don’t have a scale and need volume approximates to substitute for weight. Please let me know if you have any questions.

Thank You,
Taylor Blaylock
Customer Service Representative
Roudybush, Inc
(800)326-1726 ext 202
Fax (888)276-8222

「The charts on the bottom of the label」なんてもんは日本に出回っているモノには付いておりませんでしたが,(このメールが僕が書いた文章への返信であることを考慮すると)重量比のほうが正しいみたいなような,そうでもないような感じですね.もっとも,日本で出回ってるモノに付いている説明が「Much of the rest of the instructions」でなければの話ですが.

日本向けにわざわざパッケージし直してくれるのも,親切やらお節介やら.やるならしっかりやってください・・・というお話しでした.

インコのエサの保存方法についての一提案

どういう因果かオカメインコとセキセイインコを飼いはじめ,早二月.一人餌をはじめたオカメインコには混合シードではなく鳥用ペレットを与えています.
混合シードやペレットの多くは,保存が便利なようにジッパーがついています.しかしうちのオカメが大好きなラウディブッシュ(Roudubush)社のペレットにはジッパーがありません ((正確には輸入会社がパッケージングを行なっている)).
ZuPreem(ズープリーム)やTotally Organics(トータリーオーガニクス)のようにちゃんとジッパーが付いてればいいんですが,いかんせんうちのはラウディブッシュが好きらしい.他にもKaytee(ケイティ),Lafever(ラフィーバー)も混ぜて与えてはみたのですが,ラウディブッシュのだけ選んでモリモリ食う.※ラウディブッシュ社の回し者ではございません
まあそんなわけで,話を戻すとラウディブッシュ社のペレットにはジッパーがないわけです.もっとも,他社のペレット,特にケイティなんかもあってないようなもんですが,その辺はアメリカンクオリティですのでおおらかな気持ちが大切です.

しかし・・・僕は他ならぬ日本人でありどーにも密閉できないのは許し難い!そこで考えたのが次の方法です.

用意するもの:

・ラウディブッシュ社のペレット
・布団圧縮袋
・タッパー
・ホッカイロ


ペレット以外は,家にあるものばかりですね.
あとはもうおおかた想像は付くと思いますが,おもむろにペレットの大袋を開け,少量をタッパーに移し,大袋はホッカイロと一緒に布団圧縮袋に入れます.

布団圧縮袋で外気を遮断し,ホッカイロを脱酸素剤として使うわけです.これでまあ,普通よりは日持ちがするのではないかと思います.


オカメインコもご納得のご様子でございます.

今回はインコのペレットでやりましたが,犬のエサ,猫のエサ,その他小動物のペレットにも使える方法です.
ただし乾物限定です.湿り気のあるものでやると,ボツリヌス菌などの嫌気性細菌で死にます.ナマモノは冷蔵庫や冷凍庫に入れて早めに食べましょう.