“Adobe Flash Player Setting”に対してクリックが効かなくなった時の対処法

Ubuntu 64-bit + Firefox3.6を使っております.
Cookieの要求などで,”Adobe Flash Player Setting”が出てもクリックが効かず,かといって押せないとFlashが使えなくなるという地味に痛い不具合に当たりました.

[ubuntu] no reaction when I click on the “Adobe Flash Player Setting” panel
これと同じ状況です.しかし上記フォーラムにある通りの方法で解決いたしました.すなわち,Flash Player Helpで設定すれば,”Adobe Flash Player Setting”で設定したのと同様の効果を得られるようです.

根本的解決は成されておりませんが,僕の環境では表題の件は解決いたしました.

英語の勉強

内容が全然分からないと不評の当ブログですが,今日は中学校の英語の復習をしようと思います.

英語の勉強というと「単語と文法のどっちが大事か」的な議論になって,なおかつ結論は「単語」になりがちです.
ただ僕は「文法」だと思います.単語なんて辞書引けばいいじゃないか.一方,文法が分からないと,書けないし,精度良く読めない.
もし英語が日本語と同じ構文だったら,誰でも英語ができると思います.つまり,英語ができないのは文法が理解できてないからなのではないかと僕は思うわけです(論理の対偶的思考).

——————————

閑話休題.以下の二つの文章は,誰かさんが実際に書いてしまった文章です.

I had died when professor told me to so.

I believe that I can make better my English by just continually using.

いくら即興で書いたとはいえこれはひどい.正しくはこうです(多分).

I died when professor told me so.

I believe that I can make my English better by just continually using it.

簡単に説明すると

・単に過去のことは過去完了使う意味がない
・toldは他動詞なので前置詞toは不要

・makeは第4文型を作る動詞で,SVOO’と書く.訂正前は順番が逆.
・useは他動詞なので目的語が必要(まあ,省略したと見做すことができなくもないが)

ってとこです.要は,単語は合ってるのに意味分からない英語になってるってことです.

・・・英語書けるようにならんとまずい!