Ubuntu 10.04上でWindowsXPを動かす(仮想化)

仮想化ブームも一段落ついたところで,仮想化を試してみました.
理由は単純で,Windowsバイナリを動かせる環境が欲しかったからです.Wineによるエミュレーションも(期待度の割には)あまり良くないですし.

環境

ホストOS:Ubuntu 10.04
ゲストOS:Windows XP
CPU:E8400
グラボ:GeForce 9600GT
SSD:Intel X25-V

以下の3つを試しました

・KVM + qemu
・VirtualBOX
・VMware Player

KVM+qemu
重い.ひたすら重い.Linux上でLinuxを扱うのは速いのかもしれませんが(未検証),今回の目的では使い物になりませんでした.残念!

VirtualBOX
オープンソースなので使ってる人が多いと思われる.インターフェースも分かりやすいし挙動も素直だし,なかなか良い.
ただ,後述のVMware Playerのほうが速かった.

VMware Player
かなり古くからある商用ソフトウェア.VMware Playerは無償だが,VMware Workstationなどの有償版も提供されている.お値段は2万円から.高いのか安いのかは,僕には判断がつかない.
今回は無償版のVMware Playerを使った.機能,性能ともに十分すぎる.Windowsインストール時の煩わしい設定も勝手にやっておいてくれる.
aptから拾えなかったり,ネットワークドライブが勝手に無効になったり怪しい点もあるが,この3つの中では一番良いと僕は思う.

まとめ:

HD動画くらいなら概ね再生できます.ただ,DirectX系のアプリやゲームは,ほぼ動かないです.

時間の許す限り,自分で色々試してみるのが一番の解決策ですね.