WordPressの記事にLaTeXライクな数式を書く

自由に数式が書けると便利かもしれない.

つかいかた:
mimetexのコンパイル済みのものを拾ってきて,外から見られる場所に設置する.
たとえば http://team2ch.org/cgi_bin/mimetex.cgi

試しに使ってみる
http://team2ch.org/cgi_bin/mimetex.cgi?2^n
2^nがいい感じに表示できた.

こいつをWordPressで手軽に使えるようにModified Dahnielson Mimetexというプラグインを入れた.
以上で[ tex ] 数式 [ /tex ](スペースは要らない)と書けば数式を表示できるようになるのだが,mimetexは透過gifを吐き出すため背景が黒だととても都合が悪い.
仕方ないのでスタイルシートに

.tex{
background-color: #ffffff;
}

と書いて誤魔化した.あまりお薦めはできない.

以下サンプル画像

[tex]e = lim_{n to infty}left( 1 + {1 over n }right)^n[/tex]
e = lim_{n to infty}left( 1 + {1 over n }right)^n

[tex]e^{itheta} = costheta + i , sintheta[/tex]
e^{itheta} = costheta + i , sintheta

[tex]frac{,d^{,2}y,}{dx^{2}}+afrac{,dy,}{dx}+by=R(x)[/tex]
frac{,d^{,2}y,}{dx^{2}}+afrac{,dy,}{dx}+by=R(x)

[tex]pi := int_{-infty}^{infty} {1 over 1+x^2} dx[/tex]
pi := int_{-infty}^{infty} {1 over 1+x^2} dx

[tex]begin{pmatrix} a_{11} & a_{12} & cdots & a_{1n} \ a_{21} & a_{22} & cdots & a_{2n} \ vdots & vdots & ddots & vdots \ a_{n1} & a_{n2} & cdots & a_{nn} end{pmatrix}[/tex]
begin{pmatrix} a_{11} & a_{12} & cdots & a_{1n} \ a_{21} & a_{22} & cdots & a_{2n} \ vdots & vdots & ddots & vdots \ a_{n1} & a_{n2} & cdots & a_{nn} end{pmatrix}

何かがちょっとずつずれてるような気もするがまあいい感じだと思う.

参考記事:
mimetex(Latex)によるWordPressの数式表示

OpenOffice.orgでLaTeXライクな数式を書く

Ubuntu 10.04対応版を書きました.

この記事の方法ではepsを使えませんが,リンク先の方法では新しいバージョンのUbuntuでもepsを扱えます.

OOoLatexなるプラグインがあるようだ.

OOoLatex or Latex for OpenOffice – Ubuntu Forumsを参考にインストールしてみた.


$ sudo apt-get install texlive imagemagick epstool


$ mkdir OOoLatexFonts
$ cd OOoLatexFonts
$ wget http://mesh.dl.sourceforge.net/sourceforge/ooolatex/OOoLatexFonts.zip
$ unzip OOoLatexFonts.zip
$ cd ..
$ sudo mv OOoLatexFonts /usr/share/fonts/truetype/.
$ sudo fc-cache -f /usr/share/fonts/truetype


Open OpenOffice (writer or impress). Tools > Package Manager > Add > Select the oxt file you've downloaded

LaTeXとghostscriptのパスを聞かれたら,両方共/usr/bin/でOK.なければapt-get.

微妙に不安定で使いにくいのだけど,ベクタ画像で生成してくれて綺麗だからいいかなと思う.
細かい表の一部分に数式を押し込む場合なんか特に有利.リサイズしてもなめらかだし.

全部LaTeXで書くのも,全部OpenOffice.orgで書くのもどっちも非効率だから,こういうソリューションは素敵だと思う.

追記(2009-06-08):
「Script error: the postscript file was not converted to emf… 」というようなエラーメッセージが出たら,OOoのJava環境を変えてみるといいかもしれない.

ツール→オプション→Java

Ubuntu 10.04対応版も試してみてください

CUIで快適に暮らす

Debianを特に何も考えずにインストールするとグラフィカルな感じになる.
でも,どう考えてもルータにGUIは必要ないので切っておいた.

・initスクリプトの管理をする
Debianはデフォルトでランレベル2で起動する.
つまり,ランレベル2で起動する時にgdmが起動しないようにすればいい.


$ su
# apt-get install sysv-rc-conf
(略)
# sysv-rc-conf

これでランレベルエディタが起動するので,ランレベル2とgdmのクロスするところの[X]を外してやる.

・コンソールを高解像度で表示する
コンソールの表示を1024×768にしとく.


# vim /boot/grub/menu.lst

で,kernelの行にvga=773を付け加える

kernel /boot/vmlinuz-2.6.26-1-686 root=/dev/sda1 ro quiet vga=773

・bashのメッセージを英語にする
jfbtermで日本語対応させるのが正攻法だが,それだけの為にカーネル再構築したくないので英語表示にしとく.


# exit
$ cd ~
$ echo 'export LANG=en_US' > .bash_profile

再起動してfreeしたら,usedのMemが50Mを下回っていた.すげえ.

・↑と,思ったのだけど
カーネル再構築なしでいけた.


# modprobe vga16fb
# jfbterm -q

うまく日本語表示できたことを確認して


# echo 'vga16fb' >> /etc/modules

jfbtermの終了はexitコマンド.
エラーメッセージは日本語だとかえって直感的に分かりにくいので,export LANG=en_USはそのままにしとこう.

参考資料:
Debian GNU/Linux スレッドテンプレ / Software / Init
コンソールを高解像度で表示する
Debian GNU/Linux クイックインストール解説 (Etch/Lenny 編)